濱田卓也

コラム

【ファンキー】歯切れのよいリズミカルなピアノがかっこいいポップス7選【グルーヴィ】

ピアノの魅力といえばバラードで演奏される美しい音色や、広い音域による豊かなハーモニーなどがあります。 しかしファンクやゴスペルの世界ではピアノも立派なリズム楽器の一つで、両手を駆使すればリズミカルな演奏も可能なんですよね。 こ...
コラム

バラードの伴奏を豪華にするためには【ゴスペルピアノを取り入れよう!】

Sing Like Talkingの『Spirit Of Love』や平井堅さんの『Love Love Love』、AIさんの『Story』などを聴いたことがありますか? これらの楽曲に共通するのが、ピアノの演奏にゴスペルピアノのフ...
コラム

ピアニストがキーボーディストになるには【知識・スキル編】

以前に書いたピアニストがキーボーディストになるには【入門編】という記事で、「キーボーディストとはどんなミュージシャンか」「どんな楽器を演奏するのか?」についてを入門編と題してご紹介しました。 この記事では前回の記事をもと...
コラム

イメージの力でピアノの音色を変えよう!

ピアノという楽器は演奏するハードルが一番低い楽器だと思います。 鍵盤さえ押さえることができたなら、誰だって音を鳴らすことができますよね。 どんな楽器でもそうですが音の良し悪しは上手い下手と同様に、演奏の評価につながる大事な要素...
コラム

『Route66』のナタリー・コールver.でジャズブルースに挑戦!

ジャズブルースはその名の通りジャズの知識や奏法が必要とされるブルースなので、ブルースを練習するピアニストにとって一つのハードルになっています。 また同じようにジャズを練習するピアニストにとってもブルースのフィーリングが必要なジャズブ...
コラム

【マイナーペンタ脱却】1ランク上のブルースフレーズに挑戦!【ブルーノートスケール】

ジャズやファンクのセッションでもブルース進行の楽曲を演奏することがあります。 少しセッション慣れしているピアニストなら、ソロを求められたらマイナーペンタトニックスケールを使ってアドリブをしますよね。 しかし何周もソロを演奏して...
その他

Rhodes Night‼

今回は先日開催した僕のバンドのライブレポートを兼ねた個人的なブログ記事です。 自身のリーダーライブは2020年8月のアルバムレコ発ライブ以来約2年ぶりで、そのおかげもあってかたくさんのお客さまにお越しいただけてすごく幸せでし...
コラム

【単調なソロから脱却!】ソロ練習法~チェンジアップ~

ファンクセッションで演奏される曲のソロパートは、俗に「X times」と呼ばれる回数無制限のソリストの気がすむまで演奏が続く場合が多いです。 つまり回数も小節数も決まっていない状態でソロを演奏し、場面を展開しながら最後にはソロを終わ...
コラム

【セッション】左手伴奏がワンパターンになっていませんか?【アドリブ】

ピアノは右手と左手で別々の演奏をすることができる楽器です。 右手でアドリブソロを取りつつ、同時に左手で伴奏となるコードを演奏することもできますよね。 ソロと伴奏を同時に行える楽器は少ないので、両手を駆使してそれが行えるのはピア...
コラム

【伴奏】オブリガートを弾きこなそう!【レベルアップ】

コードを使ったピアノ伴奏を練習する人に、ぜひ習得して欲しいのがオブリガートです。 ピアノ伴奏のクオリティを格段に上げてくれるテクニックの一つなんですよね。 今回はそんなオブリガートをテーマに記事が書けたらと思っています。 ...