Official髭男dism「Pretender」のコードと弾き方

Official髭男dismの2作目のシングル「Pretender」。
2019年に発売されBillboard Japan Hot 100で1位を獲得した人気曲です。

そんな「Pretender」をバンドで弾いてみたいと思った人も多いはず。
ではピアノはどんな風に演奏するのでしょうか?
この記事では動画と楽譜で弾き方をレクチャーしていきます!

Pretenderのイントロ

Pretender イントロ

弾き方

ギターのアルペジオの後ろにAb2(3度を2度に変更したコード)を全音符で弾きます。 
楽器は少なくて全体は静かめですがピアノは遠慮せずしっかり音を鳴らしましょう。

バンドが入ってくる5小節目からは8分音符の刻みです。
最後のAbは歌が入ってくるAメロの1小節目の4拍目いっぱいまで伸ばしましょう。
8分音符の刻みはサスティンペダルを踏んで音をつなげます。

コードの解釈

比較的3和音でまとめられていますが、5小節目3拍めのC7、8小節目1拍めのBbm7はルートを省いたボイシングで押さえられています。
8小節目4拍目のBbm7/Ebは前出のBbm7のサウンドのまま、ルートだけEbに移ったという解釈です。

PretenderのBメロ~サビ

Pretender Bメロ~サビ

弾き方

Bメロの弾き方は8分音符の刻みですがイントロと違いサスティンペダルを踏まずに演奏します。
左手はギターとベースとユニゾンなのでしっかり揃えます。
右手の音の長さが重要なのでしっかり聞いて再現しましょう。

続くサビはイントロと同じくペダルを踏んだ8分音符の刻みで演奏します。

コードの解釈

Bメロの1小節目3拍めのC7は3度が鳴っていませんが、トップノートが7thコードにしか使わないb9のレbなのでC7と解釈できます。
また5小節目の3拍めのC7には#9にあたるミbが押さえられています。

サビの7小節目のBbm7のところではルートと11thのみを押さえます。
8小節目の3拍目ではb9のミ♮がメロディーに含まれるので、このボイシングになっています。

まとめ

いかがでしたか?

これであなたも「Pretender」が弾けるはずです。
みんなで一緒に演奏してみましょう!